給湯器の見積りや交換の時に気を付ける事とは

給湯器交換の相場や注意点

給湯器を交換する際の流れについて

給湯器はどのように交換をするのか知っておくと便利です。

専門業者に依頼をすると、まずは業者の人が工事の下調べにきます。工事する日にちが決定すれば、工事当日にスタッフが自宅に来てくれます。既存の給湯器の取り外しを行い、新しい給湯器を設置するのが一連の流れです。寒冷地などでは専用の保温材を配管に巻き付けることもあります。

リモコンはキッチンや浴室に設置されていると思いますが、当然、リモコンも一緒に交換となります。最後にガス漏れを確認して動作確認をすれば終わりです。

こんな業者にご注意を

少し前までは、給湯器の交換はガス供給事業者のサービスショップでの交換が普通でした。しかし、近年では多くの業者が給湯器の販売や交換の業務を行っています。工事が発生する性質上、作業料金はその現場によります。それを利用して、中には高額すぎる値段を提示するばかりか、工事が終わった時には最初の見積りよりも高額な値段を請求する悪い業者もいるので注意が必要です。

また、ガス給湯器を交換するにはいくつかの資格が必要になりますが、無資格者が工事を担当していないかなども確認しておくと良いでしょう。

ぼったくり被害似合わないために

給湯器を交換する時によくあるトラブルを見てみましょう。

「給湯器が壊れたので交換を業者に依頼しました。給湯器本体と取り付け工事で合わせて21万円の見積りを出して頂きました。値段にも納得したので工事をお願いしたのですが、工事中にアレをしなければいけない、この部品を追加で取り付けなければいけない等でどんどん値段が上がりました。最初に出して頂いた見積りとは全然違う値段になりました。これなら別の業者に依頼すればよかったです。」

このようなぼったくりに被害に合わないためにも、成約前に追加の費用が発生しないかをきちんと確かめておきましょう。

給湯器の事ならこちら!