給湯器の選び方を徹底解説!ご家庭に合った物を選びましょう!

故障した給湯器を交換する時に必要な情報とは

お湯の温度が安定しない、給湯器から変な音がする、お湯がまったく出なくなった等のトラブルが発生したら、給湯器を交換した方がいいでしょう。

給湯器の交換は寿命である10年に1回程度なので、そう頻繁ではありません。ましてやそれが初めてならどうすればいいか分からない人も多いでしょう。インターネットでメーカーや給湯器を取り扱っている業者のホームページを見てみると、様々な情報がでてきますが、全てを把握するのは難しいかと思います。この記事では給湯器の交換をする時の基本的な選び方をご紹介しています。

給湯器は設置場所で種類が変わります

給湯器を選ぶ時に大切なのは「設置する場所に合わせた形状の機種選び」です。リンナイやノーリツなどメーカーのホームページで給湯器を見てみると、煙突の形状や位置、サイズ、設置条件などが細かく載っており、様々な種類があることが分かります。

設置する場所によって取り付けることができる給湯器の種類が変わります。給湯器を交換する時はまずは設置場所の確認を行いましょう。

屋外壁掛けタイプ
屋外の外壁に直接取り付け設置が出来るタイプです。配管が給湯器の下から出ているのが特徴です。配管カバーを追加で付けた場合、むき出しになっている配管を隠すことができるため、見た目をすっきりとさせることができます。
屋外据置タイプ
戸建住宅の外の地面やブロックの上に設置、取り付けが出来るタイプです。給湯器の側面から配管がでているのが特徴です。こちらも壁掛けタイプと同じように、配管を隠すことができる配管カバーを別で付けることもできます。屋外据置タイプは浴槽にお湯が通る穴が1つだけあって、「1つ穴タイプ」と呼ばれることもあります。
浴槽隣接タイプ
屋外据置タイプと同様に戸建住宅の外の地面やブロックの上に設置するタイプです。屋外据置タイプとの大きな違いは浴槽のすぐ近くに置く必要がある事です。浴槽にお湯が通る穴が2つ確認でき、「2つ穴タイプ」と呼ばれることもあります。
PS設置タイプ
PS設置タイプはマンション玄関の横にあるパイプスペースに設置する種類の給湯器です。扉がないPS設置タイプでは、給湯器の本体が見えるようになっています。扉があるPSでは、給湯器の排気部分だけが見えるようになっているタイプと、排気口なども含めて本体が扉で隠れた状態となる設置タイプがあります。PS設置タイプはパイプスペース内の広さによって本体の大きさが限定されるので、給湯器を選ぶ際にはこのスペースに合った物を選ぶ必要があります。また、パイプスペースにより小さい給湯器を設置する時は、隙間を埋めるためアダプターと呼ばれる物を別途設置しなければいけません。配管などを接続するためのスペースも限られていますので、PSに設置する給湯器の設置タイプは基本的に元々設置されていた機種と同じ形状の製品を選択します。

号数ってなに?

号数とは水温+25℃のお湯を1分間に何リットル出せることができるかを表しています。例えば16号なら16リットル、20号なら20リットルのお湯を1分間に出すことができます。

冬場は寒くなり水の温度が低くなるため一分間で出るお湯の量が少なります。これまで使っていた号数で問題なく使えているようであれば特に変更する必要はありませんが、冬になるとお湯の出る量が少なくて不便を強いられているのであれば号数をあげた方がよいでしょう。

ワンルーム住まい・1人暮らしはどの号数?

ワンルームのマンションやアパートの部屋に多いタイプは16号です。一人暮らしなら水回りで同時にお湯を出す事もあまりないので、16号でも不便はないでしょう。

2人暮らしや3人家族の時は?

20号をオススメします。2人以上で生活していると、1人がシャワーを使用している時に家事などでもう1人が別の場所でお湯を使う時もあると思います。その時に16号ではお湯を作る能力が低いため、お湯が細くなってしまい使いづらいかもしれません。

4人、5人以上で生活しているなら?

4から5人の家族向けが24号です。2か所3か所で同時にお湯を使用しても余裕があるので、シャワーやお湯を使った洗い物、冬場の手洗いや洗面などを同時に行ってもたっぷりの量のお湯を使うことができるでしょう。

機能は何が必要かを考える

今使っている給湯器には、どんな機能があるでしょうか。給湯器は種類によって、お湯はり・追いだき保温・足し湯・配管の自動洗浄・温水暖房などの機能がついており、交換する時には「どの機能が自分やご家庭にとって必要か」を考えて選ばなければなりません。

自動で湯張りをして欲しい方はこちら!ふろ給湯器

ふろ給湯器は一軒家やマンション等、様々なお住まいで使用されている人気のあるタイプです。一台で水回りへの給湯の他に自動湯はり、追い焚きができます。お湯はりの後に給湯栓を閉めるのが面倒だ、家族が多く最後に入る時は浴槽のお湯がぬるくなっている等でお困りの方にはオススメです!

オートタイプと呼ばれるものはスイッチ一つで自動お湯張りをすることができ、設定温度と設定水量でお湯はりが自動ストップされるものです。

自動保温機能が付いているので、いつでも快適なお風呂を楽しむことができるでしょう。一方フルオートタイプは、これに加えお湯が減ると設定水位まで自動で足し湯をすることができます。また、汚れが残りやすい追い焚き配管を自動で洗い流す機能もあります。

メーカー別ふろ給湯器

リンナイ

RUF-E2405AW(A)シリーズ

ノーリツ

GT-C 2462シリーズ プレミアム

パロマ

FH-E248FAシリーズ

コロナ

UKBシリーズ

お湯が出ればそれで十分という方はこちら!給湯専用機

給湯機能だけがついた、シンプルな給湯器。追い焚きも暖房も出来ませんが、安価でワンルームのアパートや単身者向けの住宅で多く使用されています。アパート経営のオーナー様などが選ばれる傾向にもあります。

メーカー別給湯専用機

リンナイ

RUX-E2406Wシリーズ

ノーリツ

GQ-C 2432シリーズ

パロマ

PH-E2404Aシリーズ

コロナ

UIBシリーズ

浴室で暖房、リビングでは床暖房を使用したい方は暖房機能付給湯器

暖房機能付給湯器は水回りへの給湯や浴槽の追い焚きに加え、温水を使用する事で室内の床暖房や浴室内の暖房乾燥が使えるようになります。

メーカー別暖房機能付給湯器

リンナイ

RUFH-E2406AW2-1シリーズ 

ノーリツ

GTH-C 2451シリーズ

パロマ

DH-GE2415APZL

コロナ

CHP-46ATX3

部屋に暖房をつけたい方はこちら!暖房専用機

浴室暖房や床暖房の為の専用機です。一軒家の方で給湯器を複数で使用している、床暖房や浴室乾燥を後からリフォームで取り付けた時に使用されています。

メーカー別暖房専用機

リンナイ

RH-K200Wシリーズ

ノーリツ

GH-C 2310シリーズ

パロマ

DW-5000

コロナ

UHB‐EG240

エコジョーズって何?

エコジョーズはガス給湯器の一種で、省エネやエコに特化したタイプです。見た目は従来の給湯器とほとんど変わりませんが、内部の部品が追加されるなど工夫されていて、効率よく水を温めてお湯を作ることができます。従来の給湯器に比べると少し値段が高くなりますが、ガス代金を含む毎月の光熱費を安く抑えることができますので、長期的な目で見ると従来型よりエコジョーズを使ったほうが家計への負担が少なくて済むのです。

なお、エコジョーズは型番を見て判断することができます。先ほどご紹介した機能の項目では、メーカーごとに一部のシリーズを記載していましたが、その中にもエコジョーズは含まれています。ハイフンの後にCやEがあれば、それはエコジョーズタイプであるということになります。

まとめ

こちらのページでは給湯器について簡単に解説させていただきましたが、実際はもっと細かい情報がたくさんあります。全てを把握するのは難しいかと思います。最近ではインターネットで何でも購入できますが、知識不足から間違った給湯器を買ってしまい交換自体ができなかったというトラブルに発展してしまう場合もあります。故障した給湯器を交換する時には、機能面や価格帯なども踏まえて専門業者やメーカーのスタッフと打ち合わせをして決めたほうが良いでしょう。

給湯器の事ならこちら!